【昔話】ネタに初めて遭遇した時の事 前半

久しぶりに昔話を

 

僕はスロットを覚えてから大花火ばかりというかしか打っていなかった

 

単純に好きだったから

 

当時行っていた店は大花火に札が確か3台つく

 

その中の1台には確実に高設定が入っていた

 

今思うと中間くらいなのかなと思う

 

1日打ち切って10万勝ちがほとんどだったから

 

因みにフル攻略です

 

設定4やな!キリ

 

勿論負ける日もありました

 

ちょくちょく通っていたら自然と話す人もできてくる

 

その話すようになったって人が大阪で専業やっていて地元に帰ってきたって人だ

 

その店は打ち手のレベルが低すぎてというか当時の打ち手のレベルが低すぎると言った方がいいのか分からないが僕が大花火のバービタやってるってのがきっかけで話しかけられた

 

というかその当時大花火しか知らない僕には何が特別なのか分かっていなかったw

 

やらないとめちゃくちゃ損するじゃんというくらいしか思っていなかった

 

積み重ねると打ち手同士にかなりの差がでる事が分かっていなかった

スポンサード リンク

話を戻して話しかけられてからは結構その専業に会う土日が楽しみでしょうがなかった

 

そんなある日新台がその店に入った

 

その台というのが

ネコde小判である

 

その専業は新台初日に並びを入れて打っていた

 

その店は札が刺さってない台は設定が入っていない

 

分かんないけど、確かそういう認識で台を選んでいた

 

その専業もそれを分かっていたのか札台しか打っていなかった

 

なのに札台が刺さってないのに打っていた

 

しかも出ている

 

おかしい

 

大花火のように技術介入があると思った

 

後半に続く

 

ご質問などありましたらお気軽にどうぞ(^^ゞ
お問い合わせ又はmasahiro05182014@gmail.com
に直接ご連絡頂いても結構です(^^)/
質問内容は匿名にて記事に書かせて頂く場合がございます。

応援クリックいつもありがとうございます(;_;)
にほんブログ村 パチンコブログへにほんブログ村 パチンコブログ パチンコ日記へにほんブログ村 スロットブログへにほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
引き続き応援クリックよろしくお願いしますm(__)m

スポンサード リンク

コメントを残す