【稼働日記】旧赤海 その1

まちゃのコメント

みなし機

本来、店に置いてある設置台というのは認定を受けて3年、店がもう少し使いたいと思えば再認定を受けてもう3年の計6年が設置期間です

今で言えば北斗無双、大海4なんかのミドルタイプは6年で撤去しなければいけないですが甘デジ等はみなし機とみなされ設置されてても暗黙の了解で設置できました

ミドルに比べて射幸心が低いためです

ですが2019年にそこんとこしっかりしようという事で射幸心の低い台でも撤去しようという流れになりました

スポンサード リンク

という事で長年打っていた旧赤海も去年の12月に撤去されました

思い起こせば旧赤海は10年打ちました

そりゃ10年打てば思い入れも大きいです

甘海シリーズの中でも一番好きです

何故好きだったのか思い返してみようと思います

釘見

最近の機種なんかは袴に侵入するかしないかという元ゲージばかりですがこの旧赤海は袴上の振り分けの調整が今よりも影響が大きかったです

ぱっと見、見た目良いのになあと思っても意外に回らないなんて事があるので釘を見る面白さがありました

玉の動き

玉の動きが素晴らしいです

今の機種は風車抜けた玉が跳ねないですよね

転がる機種ばっかりです

パチンコとは穴に入れる遊戯です

ぱっと見じゃ分かりませんが玉は何度も釘にアタックして穴に入ります

入るか入らないかとワクワク感がないと面白さは半減、というか皆無になると思っています、というかなります

余談ですがバックが効く台もあるのでまた違った玉の動きになるのも良い所です

この原理が分かってない人でも知らず知らずのうちに理解しています

ネットでパチンコを覚えた今時の人なんか何でも数値に置き換える印象です

それだとどうしても機械になっちゃいますよね

ネットが普及していない時は玉の動きでパチンコを楽しんでいました

昔は狙いにいってる人でもパチンコに対して笑顔が見れました

今なんて狙いに行ってる人は無表情ですもんね

現場を見ていても寂しい時代になったもんです

ですが、しょうがないです

パチンコとしての根本の楽しさが失われているわけですから

久し振りに自分の中のパチンコというのは、というのを書きましたがあんまり書きたくないんですよね

何故か書くと稼働に影響がでるんで

知らず知らずのうちに井の中の蛙になってるんでしょうね

次回は稼働を書いていこうと思います


YOUTUBEやってます
チャンネル登録よろしくお願いしますm(__)m

ご質問などありましたらお気軽にどうぞ(^^ゞ
お問い合わせ又はmasahiro05182014@gmail.com
に直接ご連絡頂いても結構です(^^)/
質問内容は匿名にて記事に書かせて頂く場合がございます。

スポンサード リンク

コメントを残す